栽培特報

稲作情報第8号 2019.8.9

①出穂が早回っており、気温も高く経過しているため、収穫時期も早くなると予想されます。
②刈遅れ防止のため、刈取期間を考慮し、早めに刈り始めましょう。
③適正な水管理で、胴割米の発生を防止しましょう。

  1. 刈取りまでの水管理
  2. 適期刈取り
  3. 乾燥
  4. 籾摺り・調製

稲作情報第8号 2019.8.9(PDF)


大豆情報第4号 2019.7.19

  • 培土作業で埋まった溝の手直しと、培土溝と排水溝の連結を行いましょう。
  • 開花期~9月上旬に高温・無降雨が続いた場合は、畦間かん水を行い、莢数を確保し、青立を防ぎましょう。
  • 適期防除を徹底し、病害虫被害を防止しましょう。
  1. 培土後の溝の連結
  2. 開花期からの畦間かん水 ⇒ さや数確保・青立防止
  3. 病害虫防除

大豆情報第4号 2019.7.19(PDF)


直播情報第3号 2019.7.19

【生育状況】

幼穂形成期は平年より2日早い7月15日となり、出穂期は8月5日頃と予想されます。

【今後の管理】

  1. 水管理
  2. 「基肥一発肥料」での追肥……葉色が淡い場合(コシヒカリ)
  3. 基本防除
  4. ニカメイチュウの随時防除

直播情報第3号 2019.7.19(PDF)


稲作情報第7号 2019.7.19

適正な水管理に加え、必要に応じた追加穂肥により稲体の活力維持に努めましょう。

  1. 水管理
  2. 「基肥一発肥料」施用ほ場での追肥……葉色が淡い場合(コシヒカリ)
  3. 本田防除

稲作情報第7号 2019.7.19(PDF)

 


稲作情報第6号 2019.7.5

  1. 雑草地・畦畔の草刈りや大麦跡地の雑草処理の徹底
  2. 水管理 ~葉色の低下を防ぐため、乾き過ぎに注意!~
  3. 「てんたかく」の追肥
  4. 「てんたかく」の防除

稲作情報第6号 2019.7.5(PDF)

草刈り運動期間は7月1日~10日
一斉草刈日は7月6日(土)、7日(日)


アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031