大麦特報

大麦情報第2号 2019.10.18

「排水対策の徹底」により年内の生育量を確保!

播種後は、「排水溝の手直し」や「水吐尻の掘り下げ」などの作業で停滞水を排出し、根の活力向上を図り、年内の生育量(目標茎数)の確保に努めましょう

(1)播種作業

(2)排水対策

(3)雑草防除(特にカラスノエンドウ多発ほ場)

大麦栽培第2号 2019.10.18


大麦情報第1号 2019.9.6

越冬前茎数(600~800本/㎡)を確保し、適正穂数(450本/㎡)への誘導が収量確保のポイント!

①早め、確実な排水対策
②石灰質資材による土壌pHの矯正
③適正な播種(播種時期、播種量、播種深度、施肥量)
④除草剤散布による雑草防除

大麦情報第1号 2019.9.10(PDF)

8/20~10/20 秋の農作業安全運動実施中


大麦情報第4号 2019.4.2

昨年に比べ生育が早回っています。出穂予想日にばらつきがあり、防除にあたっては出穂状況を確認し適期に必ず2回実施してください。

  1. 生育状況(3月28日現在)
  2. 赤かび病の防除(2回の防除を必ず実施)
  3. 排水の徹底

大麦情報第4号 2019.4.2(PDF)

4/1~5/31春の農作業安全運動実施中!


大麦情報第3号 2019.2.22

排水溝の点検を行ってほ場内の停滞水の排出に努め、
生育量の確保を図りましょう。

  1. 排水対策
  2. 消雪後の追肥(分施の場合のみ)

大麦情報第3号 2019.2.22(PDF)

カメムシによる斑点米発生防止対策として、
大麦跡ほ場には大豆、クロタラリアを作付しましょう。


大麦情報第2号 2018.10.19

「排水対策の徹底」により年内生育を確保!

  1. 播種作業
  2. 排水対策
  3. 雑草防除(特にカラスノエンドウの多発ほ場)

大麦情報第2号 2018.10.19(PDF)


アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031